So-net無料ブログ作成
前の1件 | -

脳に負荷をかけてみようという法則

          ◆お知らせ◆         
管理人が個人的に書いているブログがあります。
こちらも適当に、気が向いて時にでものぞいてくれたら
嬉しいです→ 4次元ポケットアイタタ速報:【4次元アイタタ】で検索
歴代売り上げナンバー1!ネットビジネス大百科

┏┏┏┏┏┏┏┏┏┏┏┏┏┏┏┏┏┏┏ 
         
    一流の仕事術を身に付ける 
┏┏┏┏┏┏┏┏┏┏┏┏┏┏┏┏┏┏┏  

仕事でストレスに負けずに認められる存在になる 

┏┏┏ 一流の仕事術を身に付ける ┏┏┏


    選ばれるビシネスマンになるための法則  
              
------------------------------------------

こんにちは。

K-LMです。

この連載は
 
選ばれるビシネスマンになるための法則

と題して連載をさせていただきます。 
 
今回のテーマは
 
脳に負荷をかけてみようという法則
 
です。 
--------------------------------------------------------------------------------

┏┏┏ 一流の仕事術を身に付ける ┏┏┏


選ばれるビシネスマンになるための法則    
              
┏┏┏┏┏┏┏┏┏┏┏┏┏┏┏┏┏┏┏
 
脳に負荷をかけてみようという法則 
 
 

仕事は、サッカーと同じです。 

ヘディングで、ゴールが決まるのです。 

 〝頭〟を使って、シュートを打つのです。

 

お客様は、モノより、アイデアにお金を払います。 

より自分をハッピーにしてくれるアイデアに、お金を払います。 

モノを買っているのではないのです。 

 

仕事が面白くないとしたら、アイデアを生み出していないからです。

モノをつくるということも、無限のアイデアの積み重ねです。 

アイデアを売る会社に行くと、四方の壁が全面ホワイトボードです。 

ホワイトボードや黒板は、アイデアを生み出す道具です。

 

何かあればすぐにメモを出し、ペンを持つ習慣をつけておくことです。 

知性の「性」は、習慣化していくということです。 

習慣化することを、身につけていくのです。 

 

お金がない人は、お金が身につく習慣がありません。 

 

知性がないのも、頭が悪いからではないのです。 

頭を使う習慣がないだけなのです。 

 

頭を使う習慣をつけることです。 

初めてのこと、いつもと違うことをすると、必然的に頭を使います。

 

「クリスマスイブの予約は、午後6時半と9時半の2回転です」というレストランがありました。 

6時半では早すぎるし、9時半では遅すぎます。 

混む時は2回転制にすれば、たしかにお客様は埋まりますが、それではスタッフが考えなくなります。

 

お客様から電話があった時、

「6時半と9時半のどちらをご希望ですか」 「どちらもちょっと……」 「では後ほど、おかけ直しください」

 

こういうやりとりをしていては、スタッフ自身に調整する能力が身につきません。 

お店が満席になったら「満席です」と答えればいいというものではないのです。 

「どのテーブルがあと何分で空き、どこならまだ入るかもしれない」と判断して、「とりあえず、いらしてください」と言えるのが調整能力です。

 

頭を使っています。 

考える習慣があれば、いつもと違うことができるのです。

 お決まりのことだけで済ませないことです。

 

 

 

お客様として行っても、頭を使うと楽しい。

 

 

 

レストランに行くと、気づきの連続です。 

学習できるのです。 

まわりでオシャレな人はどうしているか、〝自分は何がわかっていないか〟がわかります。

 

きちんとしたレストランで、オシャレな人は、テーブルにつき椅子に座る際、後ろを見ないで座ります。 後ろを見ないのが、椅子を押す人への信頼感です。 

 

信頼感があるから、真っすぐ前を向いたままでも、2人の呼吸が合うのです。 

座る際にうつむくと、お尻が下がり不格好です。

 

きちんとしたレストランと、そうでないレストランの差を、観察してみましょう。 

エスコートしてくれる男性と、してくれない男性の差はそれぞれ何か、いいレストランに1回行くだけで、いろいろと学べます。 

きちんとしたホテルやレストランで学ぶのです。

 

安いだけのところや、サービスが悪く、インテリアだけ気取ったお店では学習できません。 

何を食べたか、料理の写メを撮っている場合ではないのです。 

料理の写メを撮るのは、オシャレな人ではありません。 

 

カッコいいと思うことを、今度は自分がマネできるように目に焼きつけるのです。 

写メを撮れるものは撮ってもいいですが、気づくべき大事なことは、写メでは撮れないものがほとんどです。 

美容でも買い物でも、どんなサービスを受ける時でも勉強になります。 

モノを買いに行くことも常に学習だと考えれば、もっと楽しくなるのです。

 

 

 

お客様で行った時に、お店の人より、気配りをしよう。

 

 

以上、

選ばれるビシネスマンになるための法則
         
 
脳に負荷をかけてみようという法則

はこれで終わります。 
 
次回も一生懸命書いて参りますので
よろしくお願いいたします。

立ち読み程度でかまいませんので
読んでみて下さい。

いつも最後まで読んでいただき
ありがとうございます。

--------------------------------------------------------------------------------
歴代売り上げナンバー1!ネットビジネス大百科←クリック
--------------------------------------------------------------------------------

スポンサードリンク


        
       ◆お知らせ◆         
管理人が個人的に書いているブログがあります。
こちらも適当に、気が向いて時にでものぞいてくれたら
嬉しいです→ 4次元ポケットアイタタ速報:【4次元アイタタ】で検索
┏┏┏┏┏┏  自己紹介  ┏┏┏┏┏┏

K-LMです。

偏差値37の高校に通い、
一念発起し3年生の時に1日12時間勉強。
高校創設後、はじめて一般入試での
大学現役合格することができました。

本当に理解力も無くデキの悪い私が、
社会人として認められるために、
今まで40万円以上、セミナーなどに自己投資して参りました。

私がお金を出して、教えていただいた
社会人として成功するためのノウハウをすべて、
提供させていただきます。

┏┏┏┏┏┏┏┏┏┏┏┏┏┏┏┏┏┏┏
 



nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:仕事
前の1件 | -
メーカー別一眼レフ

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。